はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

ダイヤモンドクロス時代の痕跡

かつて、阪急神戸線西宮北口駅にダイヤモンドクロスがあったのは有名な話だが、その時代の駅構造の痕跡がかなり目立つ形で残っているという事実はあまり語られていないような気がする。

f:id:ratski:20191231020608j:plain

神戸線ホームの東端から見えるこの構造物は、ダイヤモンドクロス時代の神戸方面行きホームの痕跡である。

 

個人的には、ダイヤモンドクロスを渡るときに車輪が奏でた独特の「16拍子」の音が今でも耳に残っている。