はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

やはり北梅田駅は大阪駅と統合と決定

これまで、このブログに載せた記事内で私が立てた予想は、たいていハズレだった(苦笑)。

だがどうやら、今度こそはほぼあたりだった。

「うめきた(大阪)地下駅」と「大阪駅」の改札内連絡通路の整備 並びに「うめきた(大阪)地下駅」の駅名について:JR西日本

昨日発表されたニュースリリースによると、現在の大阪駅を西の方へ広げて、そこに、北梅田駅(仮称)との連絡通路を設置して統合するという。

 

私は以前書いた記事の中で、以下のような予想をした。

  • 現在の大阪駅の西コンコースの北端からルクア1101の地下に通路を繋げ、ルクア1101の地下の一部を(店舗を除去して)通路にして、そこから北梅田駅に繋がる通路を作る。
  • 北梅田駅(仮称)の駅名は、大阪駅とは別にするものの、運用は一体とする(大阪メトロの心斎橋駅+四ツ橋駅と似たような状態)。その理由は、大阪駅の一部にしてしまうと、駅の拡張工事扱いになってしまい、新駅設置の補助金が国から下りない可能性があるため。

参考:なにわ筋線についての新たな報道 2017-05-20 - はたんきょう(巴旦杏)

今回のリリースを見ると、連絡通路が私の予想よりかなり西側である点がまず予想と異なる。

二つ目、大阪駅と運用を一体にするという点は当たっているが、駅名からし大阪駅の一部にするというのは予想を外していた。

どうやら、開業当初から大阪駅の一部にしてしまっても、補助金の問題などは発生しないようだ。

ただ、上記の私の予想記事の中では述べなかったが、北梅田駅開業時点では一旦別駅扱いとするものの、なにわ筋線が開通する時、あるいはもっと後の時期に、ひょっとしたら大阪駅と統合することもあり得のではないかとは思っていた。

そういう意味では、予想は「ほぼ」当たっていたといっても間違いではないだろう(やや苦しいか(笑))。

いずれにしても、現在の大阪駅からかなり離れたところに「新ホーム」ができるわけで、東京駅の京葉線乗り場ほどではないとはいえ、乗り換えの不便さという妙な分野で東京駅と張り合うことにはなるのかもしれない(苦笑)。

 

さて、となると、上記の私の記事の最後の方にも書いてあるが、なにわ筋線開通後、関空紀州路快速大和路快速は全てなにわ筋線経由になる可能性が高いと思われる。

北梅田駅が別駅のままなら、例えばJR神戸線JR京都線から奈良、関空、和歌山方面へ乗り換えたい客が「付近の別駅」まで歩かねばならないような印象を受け、不便に感じる可能性があった。だが、曲がりなりにも「同一駅」内での乗り換えになるのならば、少なくとも気分的には不便さは減じられるだろう。

 

それと、やや話が脱線気味だが、2023年の北梅田駅完成後(というか今後は大阪駅地下新ホーム完成後と書かなければならないが)、おおさか東線の列車が新ホームまで乗り入れることが一部のメディアで以前、報道されていた。

それが本当なら、2031年なにわ筋線開通後は、おおさか東線の列車は大阪駅地下新ホームからそのまま梅田貨物線経由で西九条駅からゆめ咲線まで乗り入れるのではないか、と予想している。

なぜ2023年の時点ではダメなのかというと、福島駅の北側にある「浄正橋踏切」の遮断回数をこれ以上増やすのは(道路の渋滞という観点から)難しいからである。

しかし、なにわ筋線が開通すると、はるかとくろしおが梅田貨物線を通らなくなる。その空いたダイヤに、おおさか東線の列車を走られることは可能なのではないか。

その場合、大阪駅からゆめ咲線に乗り入れる列車はすべて大阪駅地下新ホーム発となり、環状線を通らなくなる。環状線は完全に環状運行列車専用の路線となる(鉄道ファンとしては環状線に色々な列車が乗りれている現在のカオス状態の方が面白いだろうが(笑)、一般の乗客にとっては、環状線環状線専用の方が利便性が高い)。

そしてさらに、西九条駅で大阪方面からやってくる列車とゆめ咲線の列車の乗り換えを考慮しなくて良くなるため、西九条駅は現在のような、ゆめ咲線を間に挟んだ配線である必要がなくなる。西九条駅のホームの北側には貨物列車が安治川口駅方面へ向かうための線路が存在するが、そこに新たに「梅田貨物線経由でゆめ咲線へ乗り入れる列車のためのホーム」を作るなどの大規模な配線変更を行うこともあり得るのではないかと予想している。

この「2031年以降の西九条駅改造予想」については、またいずれ記事を書きたいと思う。

 

ダイヤモンドクロス時代の痕跡

かつて、阪急神戸線西宮北口駅にダイヤモンドクロスがあったのは有名な話だが、その時代の駅構造の痕跡がかなり目立つ形で残っているという事実はあまり語られていないような気がする。

f:id:ratski:20191231020608j:plain

神戸線ホームの東端から見えるこの構造物は、ダイヤモンドクロス時代の神戸方面行きホームの痕跡である。

 

個人的には、ダイヤモンドクロスを渡るときに車輪が奏でた独特の「16拍子」の音が今でも耳に残っている。

JR宝塚線-園田西武庫線アンダーパス工事の状況2019-11-10

f:id:ratski:20191202013608j:plain

前回の取材から1年3ヶ月ぶりだが、工事は着実に進んでおり、線路の下には巨大な空間が生まれている。

f:id:ratski:20191202013556j:plain

f:id:ratski:20191202013602j:plain

f:id:ratski:20191202013615j:plain