はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

北梅田駅新設工事

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2017-11-04

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2017-09-23

JR神戸線高架下西側部分 浄正橋踏切から東を望む 浄正橋踏切脇で何かを設置中。架線柱か。 おまけ: 現在、オオサカガーデンシティがあるところはかつて梅田南貨物駅のあった場所である。梅田南貨物駅に入る貨物列車は梅田貨物線から大阪駅北側の旧梅田貨物…

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2017-09-02

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2017-07-29

東海道線支線がくぐる部分の西側の高架下にあった施設が撤去され始めている。東海道線支線地下化工事南2区関連工事なのか、無関係なのかは不明。

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2017-07-15

おまけ: 西梅田一番踏切の少し北側で、線路の下に下水管を通す工事を行なっている。一見、北梅田駅建設工事とは関係なさそうに見えるが、工事資料によると、実は関係があるらしく、大阪駅の北側を東西に走る道路の下に埋まっている下水管を、駅の建設に伴っ…

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2017-06-17

東海道支線、通称「梅田貨物線」のうち中津から福島駅付近までを地下化し、途中に北梅田駅(仮称)を設ける工事が2015年に始まった(2023年3月完成予定)が、そのうち南2工区は、別線方式(現在の線路の横に仮の線路を作り、現在の線路を撤去して地下化する…

東海道線支線地下化工事南2工区のこれまで

これまで撮りためてあった東海道線支線地下化工事南2工区の工事の模様の写真を一挙掲載。 ほとんどはJR神戸線の高架の北側、東海道線支線の西側から金網越しに、高架下を撮影したものだが、一部は東海道線支線の東側の、工事用車両出入り口横から撮影してい…

北梅田駅(仮称)で阪急狭軌新線はどう分岐するか

個人的には以下のように予想している。 少しわかりにくいかもしれないが、下図を上から下へ貫いている赤い線が、地下化される予定の東海道線支線で、中央下部に弓なりになっているのがうめきた新駅(仮称北梅田駅)である。 私が書き加えたのは、青い破線と…

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事が昨年の年末から始まり、今年の夏以降本格化している。 「JR東海道線支線地下化事業」で配布されている資料を読むと、改めて興味深い工事だということがわかる。 昨年末に一番に着工された、グランフロント大阪北部近く…

梅田貨物線地下化についての疑問(続き)

実際にJR福島駅付近を見てきたが、前項で述べた『ホームを半分削る』というのは無理のようだ。JR福島駅付近は内回り線と外回り線が完全に別々の高架として建設されていて、ホームはその間に橋のように渡しかけられている。だから、それを半分に削ってもレー…

梅田貨物線地下化についての疑問

「JR梅田貨物線を地下化して大阪駅の北側に『北梅田駅(仮称)』を作る」という計画が報じられているが、疑問点が一つある。 「どこで環状線と合流するのか」という点だ。 2002年頃に書き込まれた古い掲示板の記述によれば、「西九条付近まで地下化して合流…