はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

おおさか東線北区間工事鴫野駅部分の状況 2018-11-17

鴫野駅に関する前回の記事「おおさか東線区間工事鴫野駅部分の状況 2018-05-05」で述べたことに対する答えが、今回明らかになった。

鴫野駅の将来の2番のりば(おおさか東線新大阪方面行き)の東端部分の柵が、やはり撤去され始めていた。

f:id:ratski:20181117204013j:plain

写真左側に写っている壁の向こうには、緩く上り勾配になった学研都市線下り線路がある。つまり学研都市線下り線路はホームの東側で勾配が始まっているため、3番のりばは全体的に西寄りに作られていて、その分、この島式ホームは西の方に長く伸びた作りになっているのである。

上の写真のずっと奥の部分を拡大してみると、この2番のりばは西端部分近くまで乗降に対応した作りになっている(柵などは構築されていない)。

前回の記事にも書いた通り、鴫野駅は駅舎が東寄り(写真でいうと手前側)にあるため、乗客の利便性を考えて列車は可能な限り東寄りに停車する。

手前の緑の仮柵を撤去して乗降に対応した作りにしたとすると、この2番のりばは有効長が10両編成分くらいになるだろうが、おおさか東線の列車は現在でも6両編成、先日発表された直通快速が7両だったとしても、2番のりばの西の方はかなりの部分が非使用のままということになるのかもしれない。