はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

東海道線支線地下化工事南2工区の状況 2018-12-02

古い支柱が撤去され、さらにジャッキのためのコンクリート製のレールもすでに除去されている。

f:id:ratski:20181203011418j:plain

下の写真にあるとおり、コンクリートは剥がされている。
f:id:ratski:20181203011417j:plain

ところで、下の写真を撮影している時に気付いたことがある。

f:id:ratski:20181203011420j:plain

次の写真は上の写真の一部を拡大したものである。
f:id:ratski:20181203011419j:plain

赤い楕円の中をよく見て欲しい。鉄柱の後方に鉄骨がくっついているのがわかるだろうか。

クリーム色に塗装された鉄柱は今年の春以来の工程で設置されたもので、JR神戸線の高架橋を支えるためのものであることは以前の記事でも述べたが、実を言えば、この鉄柱だけで高架橋を支えるだけの強度が本当に足りているのか、少し疑問に思っていた。この形だと、上からの圧力で鉄柱が写真右方向へ倒れてしまうように見えたからである。

今回気づいたのは、どうやら鉄柱が前に倒れないよう、後方から引っ張るために鉄骨が取り付けられているのではないかということである。

そう言えば去年の秋頃から、高架下で謎の構造物が設置されていた。

f:id:ratski:20181203011416j:plain

上の写真の赤い楕円の中に写っている構造物は高架下に5ヶ所くらいに設置されていたのだが、今回、この構造物こそ、上記の「後方から引っ張る鉄骨」の土台だったのだとわかった。

まさか、鉄柱が前方に倒れそうだから後方から引っ張れば良い、という単純な発想だとは思いもよらなかった(苦笑)。

技術が発達すると、素人目には全ての困難はその高度な技術だけで解決できてしまうように見える。だが実際の現場では、こういう単純なやり方も当然のように使われるのだなあと今回思い知らされた次第である。