はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

おおさか東線北区間工事鴫野駅部分の状況 2018-12-15(追記あり)

2番のりばの整備が着々と進んでいる。

f:id:ratski:20181215232741j:plain

しかし、ふと思うのだが、どうして今になって東端のこの部分の柵を撤去し、ホームの へり を乗降に対応した形に作り変えているのだろうか。この東端の部分は最初からそういうふうに作ることも可能だったように感じられるのだが。まあ、考えられるとすれば、ホームの へり と線路の距離の微妙な調整などが必要だったのかもしれない。

f:id:ratski:20181215232740j:plain

こちらは今まで見ることのできなかったアングル。金属板の柵が撤去され、プラスチックの仮柵に替わったため見えるようになった。
f:id:ratski:20181215232742j:plain

向かい側の1番のりばに駅名標が設置されている。遠くて見えなかったが、隣駅は左がJR野江、右が放出と書かれているはずである。

f:id:ratski:20181215232743j:plain


翌日(2018-12-16)、まだ明るいうちに4番のりばから駅名標を撮影してみた。

スマホのカメラで(望遠レンズではなく)ソフトウェアズームで拡大しただけなので分かりにくいが、確かに「じぇーあるのえ」と書かれている。

f:id:ratski:20181219134929j:plain