はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

妄想:北陸新幹線敦賀以西

湖西ルートとする。

但し、ミニ新幹線などではなく、湖西線と平行して京都に至るフル規格新幹線軌道を新たに敷設、比良おろし対策のため「掘り割り式」とし、JR京都駅で東海道新幹線につなぐ。現東海道新幹線京都〜新大阪間の通行量が飽和状態になるというのであれば、複々線化する。

理由:

若狭ルートは建設費が高額の上、京都駅を通らないという欠点がある。

米原ルートは京阪神と北陸を結ぶ路線としてみた場合、やや東に逸れており、新幹線本来の高速輸送という観点からは問題がある。また、米原につなぐと湖西ルートよりも長く東海道新幹線を通ることになる。上記の通り、東海道新幹線は現状でも飽和状態に近いという。そのため、米原〜新大阪間を複々線にすることも提案されているようだが、市街地の多い湖東地域で用地を買収するくらいなら、人口の比較的少ない地域を走る湖西線に平行して掘り割り路線を建設しても建設費はさほど変わらないと思う。

JR東海リニア中央新幹線が大阪まで開通すれば東海道新幹線に余裕ができると言っており、そうなれば複々線化の必要はなくなるが、それまで北陸新幹線の延伸をストップするというのはいくら何でも遅すぎる。

--