はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

東海道線支線地下化工事南2工区のこれまで

これまで撮りためてあった東海道線支線地下化工事南2工区の工事の模様の写真を一挙掲載。

ほとんどはJR神戸線の高架の北側、東海道線支線の西側から金網越しに、高架下を撮影したものだが、一部は東海道線支線の東側の、工事用車両出入り口横から撮影している(当初は出入り口横に柵がなかったため撮影が可能で、2017年に入ってから柵ができたが出入り口横に透明アクリル樹脂になっている部分があるため、そこから撮影できた。

IMG_0014.jpg

2016年11月6日の状況。掘削が始まったばかりの頃で、まだこの辺りは掘削前。

IMG_0018.jpg

同じく2016年11月6日の状況。一部が掘削されているのがわかる。

c9e7149a.jpeg

2016年11月20日の状況。この頃には線路沿いに板が垂直に打ち込まれていて、その板の上に、写真の小型重機?が乗っかって何かの作業をしているという状況だった。(専門知識がないのでよくわからないが)

この後、写真はないが、地面に電極のようなものを多数打ち込んで何かの作業をしている時期があった。

272bb1ae.jpeg

2017年2月26日の状況。すでに埋め戻されていて、線路の上には夜間に重機が乗って作業できるように太い角材が敷かれている。

38da3b7b.jpeg

2017年3月11日の状況。再び掘削されている。

IMG_0067.jpg

2017年3月25日の状況。転落防止用の仮設の柵が設けられているので、かなり深く掘削されているようだ。