はたんきょう(巴旦杏)

大阪近郊の鉄道(主に新線建設や計画)について

おおさか東線開通後の新大阪駅

現在、おおさか東線第二期工事放出〜新大阪間が工事中だが、それに伴い新大阪駅の在来線部分は開業以来初の大規模工事が行われている。

2019年3月開業に向けて、すでにおおさか東線用のホームの改装が進行し、将来的な配線が姿を現し始めている。

次に掲載する図は、現時点での現地の配線から推測した将来の配線である(推測といっても、もうだいたい完成しているため、確定に近い推測である)

新大阪駅西側配線図.jpg

現在、上りのはるかとくろしおは、新大阪駅のやや南にある渡り線(上図には描かれていない)で下り線に転線した後、11番のりばで客扱いを行い、そのまま渡り線Aを通って梅田貨物線の上り線から東海道本線上り外側線に転線して京都方面へ向かう。

上図の配線が完成したら、はるかとくろしおはこれまでのように上述の南の渡り線で11番のりばに転線することはできるが、そんなことをしなくても、上図で言うところの仮称9番のりばで客は使いをし、シーサスクロッシングを通り、渡り線を経てこれまで通り東海道本線上り外側線に転線することも可能である。

鉄道運行の常道からいえば、梅田貨物線の上り線から下り線を横切って東海道本線上り外側線へ転線するのはスマートではない。しかし、新大阪駅は単なる途中駅ではなく、一応ターミナルといってもよい位置づけであり、すべての列車が停車するため、ダイヤのネックなる可能性は低く、そのような転線がどうしても許されないという状況ではない。

とはいえ、個人的にはやはり、転線など行わず梅田貨物線をそのまま北上する方が運行上「かっこいい」感じがする(笑)。なので、上図の配線が完成した暁には、きっとはるかとくろしおは9番線で客扱いをしてそのまま梅田貨物線を北上するようになると信じたい。